アスリート 減量方法

アスリートの減量方法

アスリートの減量方法

アスリート、プロスポーツ選手の中には、競技によって体重を減らすことを義務付けられている人がいます。ウェイトリフティングや柔道は体重別に階級が分かれており、既定の体重まで減量する必要があります。体重別に分かれていない協議の場合でも、体操やマラソンのような、体重増加が不利になるような種目の場合、太った選手は必ず減量を求められますし、体脂肪率も細かく管理されます。

 

アスリートが取り組む減量方法は、基本的に「脂肪だけを落として筋肉を減らさない」ことを大前提とした減量方法です。食事は筋肉をつけやすいもの(鶏肉・野菜など)を摂取し、筋肉を落とさない(筋肉をつける)運動を繰り返します。運動の仕方はスポーツの種類によって違っており、よりその競技の結果が出やすくなるような運動をします。アスリートはもともと筋肉が付いていますので、過剰な筋トレは行わない場合もあります。

 

競技によっては汗をたくさんかいて水を飲まないという減量方法を行う場合もあります。この方法をとるとかなり短期間で減量できますが、一般人は危険なので行うことができません。アスリートは細かく体重や体調を管理しているため、水を飲まない減量方法も可能なのです。水分を断つのは危険ですので、一般人は決して真似しないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ