ボクシング 減量方法

ボクシングの減量方法

ボクシングの減量方法

減量と言えばボクサーを思い浮かべるぐらい、ボクサーは試合前に激しい減量を行います。普段の体重から10kg以上を落とす場合も多いですね。減量期間は約1か月程度で10kg以上を落とします。

 

その減量方法は、まず1か月前ぐらいから炭水化物を少なくするか、一切取らずに食事をします。これは試合前の計量終了まで続きます。そして、お酒は高カロリーですので一切摂りません。

 

その間、毎日走り込みを行います。ほとんどの方が朝の走り込みを行い、10km近くを毎日走り込みます。夜のトレーニングも行いますので、かなり運動量は多くなります。

 

食事量もかなり少なくし、野菜と鶏肉中心のメニューを繰り返し食べ、お酢や納豆、トマトジュースなども摂ります。お水を飲むよりは野菜ジュースなどの栄養価のある水分で代用することが多いようです。汗をかいて減量しますので、水分の摂取は最小限に抑えます。

 

試合が近くなると食事は昼のみとなり、徐々に水分の摂取を控えていきます。水は一口程度しか飲めず、口の中を湿らせる程度にしておく人が多いようです。
試合1週間前になると水も食事も一切取らなくなります。トレーニングは軽めになりますが、やはり汗をかくために軽めの調整は行います。これらは一般の人が行うのは非常に危険です。安易に真似しないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ